試合戦績

オープン戦

2018年10月04日

君津球場

東京ガス 3 - 5 日本製鉄かずさマジック

  1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回 11回 12回 合計
東京ガス 0 0 1 0 0 1 0 0 1 3
日本製鉄
かずさマジック
2 3 0 0 0 0 0 0 × 5

投手

黒田(日本製鉄)  3回

山田(山九) 2回

新ケ江(NSB千葉) 2回

国本(日本製鉄) 1回

川名(日本製鉄) 1回

捕手

小関(日鉄環境) 4回

田島(日本製鉄) 5回

スターティングメンバー

打順 1 2 3 4 5 6 7 8 9
ポジション 8 9 6 DH 7 4 5 3 2
選手 宮澤 小泉 松本 長谷川 田中 健 片野 野坂 小関
所属 吉川工業 日鉄物流君津 日鉄テックスエンジ 新昭和 日本製鉄 日鉄テクノロジー 日鉄物流君津 三島光産 日鉄環境

戦況

マジック打線は初回、先頭の宮澤(吉川工業)が相手エラーで出塁し、岡(日鉄物流君津)がヒットで繋ぎ、無死1・3塁のチャンスを作ると、小泉(日鉄テックスエンジ)の犠牲フライで1点を先制する。尚も、相手エラーで1点を追加し、幸先よく2点を先制する。2回裏には、連続四球とバントで、1死2・3塁のチャンスをつくり、岡・小泉のタイムリーヒットで3点を奪い、5対0とリードを広げる。先発の黒田(日本製鉄)は3回表、連続四球でピンチを招き、タイムリーヒットで1点を失うが、堂々とした投球で試合を作る。黒田からスイッチした、山田(山九)ランナーを出しながらも2回を無失点に抑える。しかし7回表からマウンドに上がった新ケ江(NSB千葉)は、先頭打者に三塁打を許し、犠牲フライで1点を失い5対2。8回からマウンドに上がった国本(日本製鉄)は、完璧な投球で、川名(日本製鉄)に繋ぐ。9回から登板した川名は、連続ヒットでピンチを招き、犠牲フライで1点をを失い5対3と2点差まで詰め寄られるが、後続を打ち取り、5対3で勝利した。