試合戦績

オープン戦

2019年07月18日

君津球場

JX-ENEOS 7 - 3 日本製鉄かずさマジック

  1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回 11回 12回 合計
JX-ENEOS 1 0 0 0 0 0 2 0 4 7
日本製鉄
かずさマジック
0 0 0 0 0 0 0 3 0 3

投手

川名(日本製鉄) 8回 0/3

新ケ江(NSB千葉) 1/3回

西村(日本製鉄) 1/3回

村上(日鉄テクノロジー) 1/3回

捕手

片野(日鉄物流君津) 6回

小関(日鉄環境) 3回

スターティングメンバー

打順 1 2 3 4 5 6 7 8 9
ポジション 2 7 8 3 DH 6 4 5 9
選手 片野 松田 宮澤 飯迫 土門 長南 小林
所属 日鉄物流君津 日本製鉄 吉川工業 日本製鉄 日本製鉄 日本製鉄 日本製鉄 黒崎播磨 日鉄物流君津

戦況

先発の川名(日本製鉄)は初回、2死1塁からレフト線へタイムリー二塁打を浴び、先制を許す。追いつきた打線は、チャンスを作るも相手投手に要所を抑えられ、0対1とリードを許したまま5回を終了する。7回表、川名は2本のタイムリーを浴び0対3とリードを広げられる。マジック打線は8回裏、1死から代打川瀬(日本製鉄)が死球で出塁すると、片野(日鉄物流君津)が左中間を破るタイムリー三塁打を放ち点を返す。続く松田(日本製鉄)もセカンドへのタイムリー内野安打で2対3とする。さらに宮澤(吉川工業)の安打でチャンスを広げると、小関(日鉄環境)の犠牲フライでついに同点に追いつく。9回表、川名は先頭にヒットを許したところで新ヶ江(NSB千葉)にスイッチ。代わった新ヶ江は先頭を三振に抑えるも次打者にライト前に運ばれ3対4と勝ち越しを許したところで西村(日本製鉄)がマウンドに上がる。しかし、後続を断つことができず、3番打者にレフト前タイムリー、代打に2ランホームランを浴び3対7と大きくリードを許す。逆転したいマジック打線は最終回、チャンスを作るも活かすことができず3対7で敗戦した。