試合戦績

オープン戦

2019年07月13日

君津球場

東京ガス 7 - 8 日本製鉄かずさマジック

  1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回 11回 12回 合計
東京ガス 0 0 0 0 1 0 0 4 2 7
日本製鉄
かずさマジック
0 4 0 1 1 0 1 0 8

投手

本多(テツゲン) 5回

新ケ江(NSB千葉) 2回

山田(山九) 2回

捕手

小関(日鉄住金環境) 9回

スターティングメンバー

打順 1 2 3 4 5 6 7 8 9
ポジション 7 5 9 8 3 9 6 2 4
選手 松田 中村 宮澤 飯迫 土門 長南 小関
所属 日本製鉄 日本製鉄 日鉄物流君津 吉川工業 日本製鉄 日本製鉄 日本製鉄 日鉄環境 黒崎播磨

戦況

マジック打線は2回裏、ヒットと四球で満塁とし、平(黒崎播磨)が、押し出し四球を選び1点を先制する。更に、松田(日本製鉄)のタイムリーヒットと相手エラーで、この回一挙4得点を挙げる。4回裏には、2死から中村(日本製鉄)の右中間を破るタイムリー二塁打で1点を追加し、5対0と試合を優位に進める。しかし5回表、ここまで好投の先発本多(テツゲン)は連打でピンチを作ると、内野ゴロの間に1点を失い1対5。追加点が欲しい打線は5回裏、土門(日本製鉄)のタイムリー二塁打で1点を追加し6対1と再びリードを広げる。6回表からマウンドに上がった新ヶ江(NSB千葉)は2回を完璧に抑え中継ぎの仕事を果たす。7回裏には、土門が2試合連発となるソロ本塁打を放ち7対1。しかし8回表からマウンドに上がった山田(山九)が4本の安打と2つの四死球で4点を失い7対5。更に9回表、四死球でピンチを作ると2点タイムリーを許し、7対7と同点に追いつかれる。マジック打線は9回裏、1死から宮澤(吉川工業)が試合を決める特大のサヨナラ本塁打を放ち、8対7で勝利した。